エロチャットは出会い系として使えるのか徹底検証してみた!

エロチャット 出会い系 アダルト

最近はライブチャットのなかでもアダルトに特化したエロチャットを利用する人が増えています。

さらにそこから出会いに発展させるということを目的にしたサイトも多くなっていて、一つのトレンドと化しているところです。

ですが「実際は出会えないのでは?」「サクラばかりで結局は課金させられて終わりでは?」と半信半疑に思う人も多いでしょう。

実情はどうなのかを調べてみました!

エロチャット系マッチングアプリはサクラの温床?

エロチャット系マッチングアプリにおいてもサクラの温床ではないか、という疑いはありますよね。

ですが、通常の出会い系サイトにおいても、あたかもすぐヤレるかのように誘惑してくるアカウントはあります。

エロチャット系にも同じようなアカウントはあるものの、一般の女性も登録していますので心配はいらないでしょう。

つまり、エロチャット系マッチングアプリにはサクラしかいないというのは間違いです。

サクラの見極め方としては「すぐに会ってエッチなことしたい?」などという誘惑をしてくる、もしくはモデルのような容姿の写真がプロフィール画像、という場合はサクラだと疑ったほうが良いでしょう。

エロチャットなので最初からエッチな話をするのはアリですので、それだけではサクラと判断しないほうが良いです。

サクラがいないオススメのエロチャットランキング!

ここでサクラ0のオススメのエロチャットをランキング方式で紹介します。

是非、参考にしてみてくださいね!

1位:DXLIVE

DXライブ

DXLIVEは素人の女性がとても多く、2ショットチャットにも持ち込みやすいので一番オススメのサイトです。

実際に出会いを求めて登録している女性も多くおり、2ショットになれば直接会おうという話の流れにもしやすいです。

巨乳や人妻、熟女などのカテゴリー分けもわかりやすくされておりますので、好みの女性を選ぶのもとても簡単です。

遠隔操作のおもちゃなど、ほかにはない楽しむ方法もありエロチャットとしての嬉しい要素も満載です。

2位:モコム

モコムキャプチャ

MOCOM(モコム)こちらはまずメッセージのやり取りで仲良くなってからビデオチャットでトークできるというシステムが出会いやすさを作り出しています。

ほかのライブチャットと比べてマルチチャット(女の子一人対複数の男性)の概念がなく、ライバルが周囲にいる状況とは異なり2ショットでのエッチなビデオ通話に持ち込みやすいので、そこまで行ってしまえば出会える可能性はかなり高くなるでしょう。

3位:FC2

FC2ライブチャット

FC2ライブチャットは素人の女の子からプロのモデル、AV女優の卵などラインナップがとても豊富です。

チャットの料金が安いというのも魅力で、気軽にスタートできて過激な素人のエロライブを見ることができます。

無料でもおっぱいは見せてくれることがありますし、有料に行けばオナニーやSEXのライブ中継も多数です。

ただ、2ショットに持って行くのにライバルが多いのが少し難点で、出会いまでには女の子の心を掴むチャットのテクニックが必要となるでしょう。

4位:おチャべり

おチャベリはシンプルで使いやすいのが魅力です。

気になるお相手を見つけたらチャットでメッセージを送って仲良くなるというスタイルです。

エロチャット要素としてはヒミツの写真というコーナーがあり、お相手によってはエッチな画像を見ることができます。

ビデオ通話機能もありますが、ほかのサイトに比べてやや高額ですので使い方に注意が必要です。

出会うことに関してはハードルが高くないものの、チャットでのエロ要素を求める際にはお相手をしっかり見極めてからが良いでしょう。

5位:ガールズチャット

ガールズチャットキャプチャ

ガールズチャットは無料で登録することができるアプリです。

検索機能を使って好みの女性へメッセージを送るというシステムで、登録している女性もそれ目的がほとんどですから、エロチャットへと内容を移行しやすいのも魅力でしょう。「チャットレディ―」が数多く在籍しています。

ネットでも幅広く「稼げるバイト」と銘打たれておりますので、チャットをするのがお仕事のようです。

チャットレディーと会ったという話がゼロではないのですが、出会える可能性はやや低いといわざるを得ないかもしれません。

まとめ

以上のように様々な特色あるサイトやアプリがあります。

相手がサクラじゃなければ2ショットに持ち込むことで実際に会うまでの道はそれほど遠くないですし、エロチャットをした後で会えば2人の関係はもう密接になっています。

エロチャットは出会い系として十分使えますので、是非紹介したランキングを参考に登録してみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました