同性でも楽しめるおすすめLGBTエロチャットランキング!

男性 エロチャット ミックス

自宅でお手軽に楽しめて臨場感のあるアダルトコンテンツとして男性に大人気のエロチャットですが、LGBTの方向けのライブチャットもいくつか存在しています。

しかし複数存在しているだけに、どこでチャットを楽しめばいいか悩む男性も多いでしょう。今回は同性愛者の方が楽しめるチャットサイトと、楽しみ方をご紹介します。

同性愛者向け!おすすめエロチャット5選!

今回のランキングは、質のいい男性が多いかどうか、アダルトな内容が楽しみやすいかどうかを中心に、使いやすさ等は加味する程度でランク付けを行っています。

安くエロチャットを楽しみたい、色んなタイプの男性から選びたいなどを優先してサイトを選びたい場合には、ランキングの順位に疑問を覚えるかも知れません。

ただし悪質なサイトは一切紹介していないので、順位に不満があってもどのライブチャットサイトも楽しめるはずです。

メンズライブジャパン

MEN'S LIVE JAPAN

日本の同性向けライブチャットサイトの中で、最もアダルト色の強いライブチャットがメンズライブジャパンです。プロフィール欄に得意なスポーツや、Hの際のポジションの欄があり、自分と趣味や性癖の合った相手を見つけやすいのがメリット。

待受画像や待機中は半裸というチャットボーイも多いので、スタイルが好みな男性も見つけやすいです。

登録している総数はやや少なめなものの、ガッチリ系から細マッチョ、かわいい系まで質のいい男性が揃っており、同性とアダルトチャットをしたいと言う場合にはうってつけのサイトと言えます。

アスリート

Athlete

スマホアプリだけあって登録者数が多く、名前通り体育会系で筋肉質な男性が多めです。

建前上はノンアダルトのチャットアプリではありますが、厳格にアダルト行為が禁止されているわけではなく、交渉や会話次第ではアダルトな会話ができる相手も少なくありません。

マッチョな男性の筋肉美を楽しみたいという方には良いエロチャットと言えるでしょう。ただし全体的に料金が高めなのは難点です。

前払い制なので事前にしっかり支払う必要もあるので、自分にあっているかどうか無料分のポイントで見極めることが重要になります。

メンズガーデン

ライブチャット MENS GARDEN

メンズガーデンは男性向けライブチャット業界の老舗です。登録者数も多くチャットボーイは顔出しが基本なので、ランキング上位はイケメンが揃っており、料金も良心的です。

ここも「チャット内容は出演者にお任せしている」というスタンスなので、2ショット中ならアダルトもOKな男性もいます。

ただしノンアダルトという建前が強く、画像や待機中の服装はアダルト感がないようにされているので、顔以外が好みの男性はやや見つけにくいかも知れません。

FC2ライブチャット

FC2 キャプチャ

ウェブサービスで有名なFC2のライブチャットには、サービスの知名度の高さから男性の配信者も少なからず存在しています。老若男女に知名度があるだけに、若くて純朴なチャットボーイを見かけることもあり、そういった純粋な男の子と楽しみたい方には意外と狙い目です。

ただし配信者も利用者も男女混交なので、チャットボーイの割合は少なめの上、同性愛者はNGで女性専門のチャットボーイも少なくありません。純粋に同性とのエロチャットを楽しみたい場合、相手選びに苦労する可能性があります。

Grindr

Grindr

Grindrは同性愛者向けのアプリであり、ライブチャットをすることも可能ですが、エロチャット自体を楽しむアプリというよりは、出会いを求める男性が多く利用しているアプリです。

一応アダルトチャットを目当てとして利用している男性もいますが、エロチャットを楽しみたいという目的とはややずれるかも知れません。海外のゲイに大人気のアプリだけあり、海外の男性とエロチャットをしやすいというのは魅力でしょう。

ただし目をつけた男性はエロチャットをしたいのではなく、純粋に出会いを目的としている可能性も高いことは忘れてはいけません。

同性向けエロチャットを楽しむためのポイント

目的にあったチャットボーイを選ぶ

同性とのエロチャットを楽しむためには、自分の目的や性癖と合ったチャットボーイを選ぶことがとても重要です。

アダルトの多いチャットサイトでもノンアダルト専門のチャットボーイはいますし、タチの男性を求めている時に相手がネコ専の男性だったら、見た目やガタイが好みでも不完全燃焼になるでしょう。

チャットボーイを選ぶならプロフィールをよく読み、自分の目的と合った相手を選ぶべきです。

思い切って通話をする

エロチャットの醍醐味はやはり双方との直接的な会話と、それに対するリアクションを見ることです。特にライブチャットに慣れていない時には通話に踏み切れず見る専門になってしまう男性もいます。

ですが余程のことがなければ会話を断られませんし、お互い楽しもうと心がけているチャットボーイも多いものです。エロチャットを楽しみたいなら尻込みしないで通話をしてみるべきでしょう。

webカメラを用意することでさらなる興奮が…

エロチャットはマイクさえ用意すれば最低限可能ですが、webカメラを使ってお互いに見せ合えば、更に楽しむことができます。相手の体を見て興奮するだけでなく、お互いの体を見せ合ってお互い興奮を掻き立てあえるからです。

お互いのガタイを見せあう楽しみは、webカメラを用意した男性だけの特権と言えます。なくても当然同性とのエロチャットを楽しめはしますが、よりエロチャットを楽しみたいならwebカメラの導入も考えておきましょう。

同性向けエロチャットを利用するときの注意点

チャットボーイとのリアルな出会いは基本的にない

エロチャットはあくまでライブチャットやメールのやりとりを楽しむためのサービスです。チャットボーイと実際に会って恋人関係肉体関係になりましたと言う展開はまずありません。

またサイトの規約からして、出会いを求める場ではないと注意している事がほとんどなので、変に期待を持って接するとその下心からトラブルが起こる可能性もあります。男性との出会いを求めることは最初から諦め、チャットを楽しむ場として割り切って利用しましょう。

連絡先の交換はNG

エロチャットサイトでは、チャットボーイの個人情報を探ったり、しつこく出会いにつなげようとすることがかたく禁止されています。特に連絡先を交換しようとすることに、強い抵抗をもつチャットボーイは少なくありません。

チャットボーイと気が合い、かなり打ち解けた雰囲気になったと思っても、連絡先を聞いたらその途端に距離が離れる可能性は高いです。

場合によっては連絡先を交換しようとしたが最後、チャットルームに入っても強制退室されてしまうようになるかも知れないので、
連絡先を聞くことは絶対にしてはいけません。

局部の露出は法的にNG

エロチャットを続けて興奮が高まると欲求もエスカレートしてしまいがちですが、局部の露出は絶対にNGです。これは相手に下着を脱いで局部を直接見せることがNGというだけでなく、自分が見せることもしてはいけません。

ネット上も不特定多数の人の目に触れるような場所として扱われるので直接局部を露出させれば、公然わいせつ罪に問われてしまいます。

幸い男性同士なら、下着越しにでも興奮した局部を見せ合うことはできるので、完全な露出は避け下着越しに勃起した局部を見ることで我慢しましょう。

まとめ

同性向けのエロチャットを楽しむには自分の目的や性癖と合った相手を選ぶことが大事ですが、サイトによってチャットボーイの傾向も違ってくるので、サイト選びも重要です。

良さそうなサイト、チャットボーイを決めたら、NG行為に注意してチャットを楽しみましょう。

タイトルとURLをコピーしました